• ホーム
  • 川崎丸紹介
  • 予約方法・料金
  • 注意事項
  • 釣り物
  • 割引情報
  • よくある質問
  • アクセス
マダコ

良型・大型主体にボツボツ乗りました! 

今日の状況

マダコ船 【5時から乗船開始になりますので、それまでに受付を終了して船の前でお待ちください・・・お客様が揃って準備が出来次第早めの出船となりますのでご了承下さい】・・・本日は24名様にお越し頂き、久しぶりの満員御礼での出船となりました。

海上は良い凪でまずは恒例の第二海堡から狙い、朝方6杯釣れた内の5杯が中型・小型と今季には無いパターンでしたが、その後は2.7kgが釣れ上がり、上げ潮が流れ出してからは良型・大型主体に潮の変わり目にバタバタと乗りましたが、そのまま釣れ続くかと思ったらぴったと乗りが止まってしまったので、しばらく粘ったもののポイントを移動しました。

移動後は数こそ上がらなかったものの2.2kgを筆頭に全部1kg超の良型・大型でした!

釣果は0.3~2.7kgをトップ3杯・2杯が5名・1杯が11名の【船中24杯】と乗船人数と同じ数のマダコだったので、ちょっと物足りなかったですね…

 

※ 明日5/19(日)は曇り空で凪予報ですのでご予約お待ちしています!・・・本日16:00現在12名様のご予約です 

 

《マダコの詳細はこちら》

 

※ 船長決死のダイビング!

タイトルは格好良く付けてみましたが、実のところはマダコを玉網ですくおうとしてバランスを崩して船長が海の中にダイビングと言うオチです・・・(笑)

出船時に今年のマダコは型が良いものの数は上がっていないので、チャンスは逃さない様にものにしてくださいねとお客様に説明しながらポイントへと向かいました。

船中5杯目のマダコが1kg超の良型だったので急いで玉網ですくおうとしたら、常連様ならご存知の方も多いと思いますが、船長は両膝が悪く走り回ったり踏ん張りが効かなかったりするので、それでバランスを崩して玉網を持ったまま頭から海へとダイビングしてしまったのですが、直ぐに自動膨張式の救命胴衣が開いたのですが、腰巻だったので逆に泳ぎ難くかったものの、誰よりも今季のマダコ1杯の貴重さを知っている船長は絶対に玉網は離さずに泳いで海中からお客様のマダコをすくって、まずはお客様に玉網を渡して、それからお客様の手助けで船上へと上がりました。

朝方7時頃の出来事だったのですが、今日はその時間帯でも暖かく、アドレナリンも出ていたせいか?パンツ一丁になってしばらくいても寒くなかったものの、流石にその内に寒くなってきて、トレーナーと下着の上下と靴下と長靴の海水を絞って干して、ズボンはたまたま超速乾性の素材だったのでそのままノーパンで履いて、パーカーが2枚有ったのでそれを着て問題無くやり過ごせました!

お客様からは「この1杯は船長が命を張って捕ってくれたマダコなので10杯分の価値があります!」と大変喜んで頂けました!

私も船長歴は35年を超えますが沖で海に落ちたのは初めてですし、お客様の落水も過去に無いので大変稀な事をやらかしてしまいましたが、怪我もなくこうやって笑い話で書けて良かったです、お客様方々にはご心配とご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした…

数年前は私が両膝が悪くて玉網取りが出来ないのでお客様同士でお願いしていた時も有りましたが、今後はなるべくお客様同士で玉網取りをお願いしたいと思いますので何卒宜しくお願い致します!

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30